早漏薬を服用する人
  • ホーム
  • 早漏治療薬の市販薬と処方薬の違い

早漏治療薬の市販薬と処方薬の違い

ストレスを感じる男性

早漏は、多くの男性が持っている悩みです。
しかし、実際には、悩みを抱えているような方というのは、あまり見受けられません。
その理由は、公に相談しにくい事案であるためと言われています。
そもそも、早漏というのは、個人差がある生理現象なので、定義付けが難しいと言われています。
最も多く言われるのが、時間が短いという事やコントロールができないという点、そしてそういった事が原因で相手が心理的な苦痛を覚えているという事です。
時間が短いというのは、具体的に2分以内と言われています。
早漏の要因は、大きく分けると2つに分類できます。
それは、肉体的要因と精神的要因です。
肉体的要因の場合は、皮膚過敏症が関係しています。
刺激に過敏に反応してしまうことで、コントロールができない状況です。
精神的要因の場合は、ストレスや緊張状態が関係しています。
特に、行為が初めての際に陥りやすいです。
リラックスできる相手や、回を重ねることで、対策を講じなくても解消できることがあります。
こうした原因は、メンタルトレーニングで解消させられます。
最も大切なのは、自分が早漏であると考えないことです。
男性の多くが、早漏ではないのにも関わらず、早漏であると思い込んでいる節があります。
このような思い込みをしてしまうと、たとえ平均的な時間であったとしても、不安感から生理現象をコントロールできなくなってしまうのです。
こういった点から、行為中に早漏の事を考えずに、パートナーに対し意識を向けるようにしてみましょう。
そして、世の中には早漏を気にする女性ばかりではないということも覚えておくと、気持ちが楽になり悩みの種が改善するようになります。
やはり、最も大切なのは心持ちです。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ